吉野家、2019年3月7日より新メニュー合計10種類を発売

吉野家は2019年3月7日4時より、新メニュー合計10種類を発売します。
発売するのは、『牛丼超特盛』と『牛丼小盛』、『一汁三菜朝膳』全6種類、『鯖みそ定食』『鯖みそ牛定食』の全10種類です。

牛丼には、牛肉が大盛の2倍でご飯は大盛・特盛と同様のボリュームの『牛丼超特盛(780円)』と、並盛の約4分の3のボリュームの『牛丼小盛(360円)』のメニューが加わり、牛丼のサイズ展開が合計6種類に。
牛丼に新サイズが登場するのは、1991年に『牛丼特盛』が新登場して以来28年ぶりです。

また、朝4時から11時の時間に販売している朝ごはんのメニューにて、手軽に栄養バランスがとれる全6種類の『一汁三菜朝膳』を発売です。
・一汁三菜朝膳メニュー
ハムエッグ納豆定食 390円
ハムエッグ牛小鉢定食 490円
焼魚牛小鉢定食 590円
納豆牛小鉢定食 390円
塩鯖納豆定食 490円
Wハムエッグ牛小鉢定食 590円

さらに、昨年10日間で完売した大好評メニュー『鯖みそ定食(590円)』と『鯖みそ牛定食(690円)』が復活です。
『鯖みそ定食』は、鯖みそ煮とご飯、みそ汁、お新香で構成された定食。
この定食に牛皿も加えた『鯖みそ牛定食』も展開です。

[via=吉野家]

<<スポンサーリンク>>








シェアボタン