松屋、2020年7月1日から始まるプラスチックレジ袋有料化以降も無料でレジ袋を提供

松屋は2020年7月1日から始まるプラスチックレジ袋有料化以降も、無料でレジ袋を提供することを発表しています。

松屋のレジ袋は植物原料由来の環境に配慮したバイオマスプラスチック製を使い、環境に配慮。
このレジ袋はサトウキビから砂糖生産時にできる副生成物「廃糖蜜」を主な原料としており、配合比25%を採用しています。

2020年7月1日からのプラスチック製レジ袋の有料化制度において、バイオマスの配合率25%以上のレジ袋は、製品を焼却処分する際に排出されるCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与することから有料化の対象外となっています。

[via=松屋]

<<スポンサーリンク>>








シェアボタン