モスバーガー、2020年3月26日より環境と身体に優しい「グリーンバーガー」を9店舗で先行販売

モスバーガーは2020年3月26日より、環境と身体に優しい「グリーンバーガー」を9店舗で先行販売しています。

「グリーンバーガー」は、原材料に動物由来の原材料(肉、魚、卵、乳製品など)と、臭いの強い五葷(ごくん)を使用しないハンバーガーです。
大豆由来の植物性たんぱくをベースにしたパティにトマトベースのソースを合わせ、グリーンリーフや細切りレタス、トマトといった野菜と一緒にグリーンバンズで挟んでいます。
価格は538円+税。

・販売店舗
モスバーガー大崎店(10:30以降販売)、モスバーガー六本木店、モスバーガー秋葉原末広町店、モスカフェ表参道店、モスカフェ西銀座店、モスカフェ阪急大井町店、モスカフェ銀座ナイン店(4/1より販売開始)、モスカフェ羽田空港国際線ターミナルビル店(4/1より店名を「モスカフェ羽田空港第3ターミナル店」へ変更)、モスカフェ江ノ島店

まずは9店舗で先行発売し、利用者の反応や販売状況を分析して5月ごろを目途に全国での販売を目指すとしています。

[via=モスバーガー]

<<スポンサーリンク>>








シェアボタン