吉野家、2020年1月8日より『ねぎだく牛丼』を全国の店舗で販売

吉野家は2020年1月8日より、『ねぎだく牛丼』を全国の店舗で販売します。

2018年10月6日に92年間の営業に幕を閉じた、「吉野家築地店」独自の食べ方「ねぎだく」が復活。
築地店では特殊注文の一つである「ねぎだく」の注文が入ると、牛丼の牛肉の量は変えずに玉ねぎを通常より多く盛り付けて提供していました。

この度販売を開始する『ねぎだく牛丼』は、並盛の場合の玉ねぎの量は「牛丼並盛」と比較して4倍増し、牛肉と玉ねぎの割合は1:2の割合で提供します。
増量分の玉ねぎはサイズによっては丼の上に乗り切らない場合があるため、別鉢での提供となります。

価格は、小盛434円+税、並盛454円+税、アタマの大盛554円+税、大盛614円+税、特盛734円+税、超特盛824円+税。
『ねぎだく牛丼』はテイクアウト可能商品です。

[via=吉野家]

<<スポンサーリンク>>








シェアボタン